歯周病治療

患者さんが入れ歯を使うようになる原因のほとんどが『歯周病』です。
  
まず、この病気の恐ろしい点は患者さん自身に
自覚症状(痛みなど)がほとんどなく、
まったく気づかない状態で進行する点にあります。

そして歯周病(歯槽膿漏)を主訴として当医院に来院
される患者さんの殆どは、かなり病気が進行しています。

「日本では成人の方の80%の方が歯周病にかかっている」と言われています。

放置しておくと歯茎から膿がでたり、口臭がひどくなったりして、
最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉が腫れたり、歯が動いたりしてしまった場合は、
病気の経過が長い場合が多いために、治療にも時間がかかります。

治療は早いに越したことはありませんが、このような方は、
じっくりと腰を据えて通院して下さるようお願いいたします。 


 歯周病治療および長期的な管理には、歯科衛生士を担当であたらせております。
歯科衛生士は歯周病の専門家ですので安心してご来院ください。
 
また、歯周病治療に関するご要望・ご質問等があれば
お気軽に担当歯科衛生士に直接お申し付けください。

当院では患者様が治療のスケジュールに納得いただけた上で
治療に当たらせていただいております。

尚、歯周病が進行しそうな患者さんには、
ご本人が自覚していない場合であっても、
あらかじめ歯周病についてご説明するよう心掛けております。
 
歯周病は予防が第一です、私たちの言葉にぜひ耳を傾けて下さい。  

『お口の中の状態が完全ではないが、一応症状が改善された』と判断されたら
当院では先ず1ヵ月に1回程度の通院で状態をチェックし、必要により
歯のクリーニング等を行います。
プラークコントロールが良く安定してきたら、少しずつ間隔をあけます。

歯肉炎または軽度歯周炎の場合、症状が改善されプラークコントロールが良ければ
3ヶ月~6ヶ月に1回の割合が目安となります。

歯周病の治療は、当医院では歯周病の治療のみ進める場合と、むし歯等の治療と
並行して行う場合があります。

下図は左から順に歯周病の進行過程示します

せっかく良くなった患者さんのお口の健康状態を維持するには
患者さん自身が行うプラークコントロールと、私たち専門家による
プラークコントロール双方の協力が大切になってきます。

診察にかかる費用は微々たるものですので定期的な健診をお勧めします。

 

 

 

一生涯を自分の歯で噛んで行く為には永続的な口腔管理が必要であると
私たちは考えます。その為には患者さんの理解と協力が必要不可欠となります。

正しい歯の磨き方などを覚えて、歯の健康につとめましょう。

 

 

 

 

 

 

歯石を落とすのは国家資格を持つ歯科医師又は歯科衛生士のみです。

歯科助手が行って良い治療ではありません。

当院では必ず歯科医師又は歯科衛生士が行いますので、安心して治療を受けて下さい。